お店のキッチンでの注意ポイント

換気をしていますか、使うたびに確かめて

換気を忘れずに

ガス機器をお使いになるときは、必ず換気扇を回すか、換気装置を動かして、換気してください。 ガスが燃焼するには、新鮮な空気(酸素)が必要です。空気が不足すると不完全燃焼を起こして、一酸化炭素中毒の原因になります。うっかり換気を忘れると、一酸化炭素による中毒や死亡事故につながる場合があります。

排気ダクトを使用される場合のご注意

ガス機器は、排気ファンが稼動している時間内でご使用ください。共用機械排気を行っている建物では特に注意が必要です。ガス機器の排気が十分に行われないと、不完全燃焼を起こし、排気ガスが室内にあふれて一酸化炭素中毒を引き起こす恐れがあり、大変危険です。

伝熱火災にご用心

壁との離隔距離は十分お取りください。壁の表面がステンレスやタイル貼りでも、下地が木材の場合は、伝熱火災を起こすことがあります。

ガス管のチェック、スノコの下も忘れずに

ガス管が腐食していないか時々、点検をお願いします。 ガス管は調理の際の水分や塩分・酸が付着して腐食しやすくなります。スノコを敷いている場合は、時々スノコを上げてガス管を点検してください。

ダクト火災にご用心

ふだんから、フード内の清掃を心がけましょう。ダクト内や換気扇の油滴やホコリは、ダクト火災の原因になります。

不完全燃焼警報機能付きガス漏れ警報器の設置をおすすめします

「ガス漏れ」や「不完全燃焼」を、ランプと警報音で、お知らせします。
ガス漏れ、あるいは不完全燃焼によって発生した一酸化炭素を検知した場合、ランプと音声でお知らせします。有効期限(5年)がきたら、お取り替えが必要です。 (ガスの種類によっては、不完全燃焼警報器とガス漏れ警報器をそれぞれ設置する必要があります。)

法人のお客さま
よくあるご質問

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください

  • 0144-32-5381
  • 0144-32-5381
  • お問い合わせ